(コリアデイリー ニューヨーク中央日報 韓国語 2016/11/14)
173920744_R

214925458_R

工事現場の土の地面に毀損・放置されているニュージャージー州パリセイズパーク(Palisades Park)の慰安婦キリム碑のすぐ脇に、ついに排泄物まで発見されるなどゴミ扱いを受けている

221946234
▲白い布で覆われたパリセイズパークの慰安婦キリム碑。周辺に排泄物とゴミが放置されている。

13日午前8時30分頃、キリム碑から一歩も離れていない場所に人のものと思われる排泄物が発見された。排泄物のためにキリム碑周辺にはハエの群れがうようよし、悪臭もひどかった。また、この場所には小便の跡まであり、飲み終わって捨てたペットボトルなどのゴミも転がっていた

このような毀損状態を最初に発見して本紙に情報提供した韓国人住民は「教会の礼拝を終えて帰宅途中にキリム碑を見たが、変なのが見えて見回したところ排泄物だった」とし「キリム碑がまるで屍扱いを受けているようで気持ちがとても良くなかった」と述べた。

キリム碑周辺の排泄物に関して故意かどうかは確認されなかったが、工事現場の土の地面の片隅に醜くキリム碑が置かれていて、人がここで排泄をしてゴミを捨てる状況まで作ったのだ。

パリセイズパーク図書館のすぐ隣に建てられたキリム碑は、去る8日、図書館の駐車場新築工事の過程の中、事前通報なしに元の場所から抜かれたまま土の地面に放置されている状態だ

本紙の報道を通じてキリム碑放置状況が知らされて6日も過ぎたが、管理責任を担うパリセイズパークタウン政府は特別な保護対策を立てていない。

キリム碑放置について韓国人社会の公憤は大きくなっているが、イ・ジョンチョル(Jongchul Lee)パリセイズパーク副市長は「工事の過程の中で発生したもので大きな問題ではない」と述べた。また、彼は「キリム碑は韓国人には重要な象徴物ではあるが、工事を担当するアメリカ人はこれを石としてだけ思い、よく分からなかったのだろう」と発言した。

韓国人の抗議に対し、イ副市長とジェームス・ロトンド(James Rotundo)パリセイズパーク市長らは「図書館の駐車場工事にはキリム碑の位置を現在よりもう少し前面に移し、周辺の底と造形などを整備する内容も含まれている。キリム碑の周辺をより良くしようとする過程だ」と説明した。

しかし、工事の結果だけ話し、工事中に起こり得る毀損に対する対策は無視している。工事期間中だけでもキリム碑を安全なところに移さなければならないという要請に対しても、「そのような計画はない」と明らかにした。タウン政府によれば工事期間は6か月程度と推算されている。この期間中、工事現場の隅に置かれているキリム碑がさらに毀損する可能性が少なくないにもかかわらず無防備状態で置くというのである。

特に駐車場建設計画が最初に知らされた昨年8月以来、1年以上本紙などが工事によるキリム碑毀損の懸念を粘り強く提起したにもかかわらず全く対策をたてず、毀損が現実化したし、その後も依然として無責任な姿である。

このような放置状態が続いて、ついにキリム碑が排泄物をかぶる事態まで起きて、全世界最初の慰安婦キリム碑という象徴性まで毀損されている。(機械翻訳 若干修正)

↓の続報。
2016年11月11日
ろうそく 故人の好物シリーズ おはぎ お供えキャンドル
B01LWQ6Y9D