(産業日報 韓国語 2016/01/22)

韓国が中国と日本より先に磁気浮上(以下、リニアモーター)技術の英文学術書を出版した。韓国機械研究院(以下、機械研)のハン・ヒョンソク博士の『Magnetic Levitation』を通じて一番最初に世界化に出た。 

未来創造科学部(省に相当)の傘下機関である機械研のハン・ヒョンソク博士とキム・ドンソン博士が、世界最大の科学技術出版社であるシュプリンガー(springer)を通じて出版し、アマゾンを通じて全世界に販売している。 

『Magnetic Levitation』はリニアモーターの原理から現在と未来、応用技術まで網羅して、大学院の教材だけでなく産業界でも実用的に使うことができる。特に新しい分野であるスーパーエレベーター、クリーン搬送装置、ホバーボード、軌道タクシー、宇宙船打ち上げ支援装置などを含んでいる。

日本は1970年代からリニアモーター技術を開発し、アメリカ,ワシントンとボルチモア路線への輸出を積極的に推進している

中国は北京と長沙を結ぶ2つの路線を建設中だが、日本と中国は学術書を出しておらず、世界化を達成できていない

ハン・ヒョンソク博士は「リニアモーター技術を世界的に広く普及し、韓国の技術水準を知らせようと執筆した」とし「このような成果を出すことができた理由は政府が27年間、リニアモーター技術の開発を持続的に支援しながら技術的ノウハウを蓄積したため」と述べた。 

また、イム・ヨンテク院長は「機械研のリニアモーター技術が適用された仁川空港リニアモーターカーを今年開通する予定であり、積極的なマーケティングを通じてリニアモーターカーを海外に輸出することができるように持続的に努力する」と明らかにした。(機械翻訳 若干修正)


韓国理論は理解できませんね。

2016年01月12日