(YTN 韓国語 2015/08/28)

アンカー
最近、気象庁の予報が当たらないと思ったら理由がありました。

1台で9億ウォンに達する高層気象観測装置12台が頻繁に故障しているにもかかわらず、気象庁は1年以上対策を出していません。チョン・ヘユン記者が取材しました。

記者
坡州気象台に設置されたウィンドプロファイラ。

上空5kmまで電波を打ち上げて風の状態を測定する装置で、観測資料は気象庁のスーパーコンピュータに転送されます。

1台でに9億ウォンに達する高価な装置で坡州、秋風嶺など全国12か所に設置されています

豪雨雲の発生を予測するために使われるこの装置の故障が相次いでいます。2013年には故障は8件に過ぎませんでしたが、2年で何と35件と4倍以上増えました。1か月に4台の割合で故障したわけです。

故障した装置は、観測データが抜けるほかはなく、天気予報の精度を落とす要因として作用します。

1か月に1度受けていた定期点検を先進国の事例を参考にして6か月に1度にしながら予算を削減し、問題が始まりました

既存の業者がメンテナンスを放棄しながら事実上放置されているのです。

製作会社から部品の供給を受けることができず、故障すれば他の地域にある装置から部品の“回して防ぐ”((他から)回して(問題が広がることを)防ぐ≒自転車操業、「共食い整備」の意)をしている実態です

[チョン・テヨン坡州気象台主務官]
「一次的に私どもが基本的な異常の有無を確認します。その後に高層装置のメンテナンス業務チームがあります。(気象庁)傘下機関に、そこに連絡して最後に本庁に連絡することになります。」

しかし、気象庁は昨年7月からこのような事態が発生しているのに、1年以上これといった対策を出していません

[チェボンホン,セヌリ党議員]
「観測装置の頻繁な故障は予報の精度を低下させ、国民の安全を脅かすため、この装置のメンテナンス管理に空白ができないように気象庁の早急に対策を立てることが必要だと思います。」

気象災害が発生するたびに高価な装置を導入した気象庁。しかし、保有している装置すらまともに管理できない粗末な姿を見せています。YTNチョン・ヘユンでした。(機械翻訳 若干修正)


あいかわらず「欲しいから(担当部署長の実績のため)とにかく買う」だけで、活用するための維持・管理は考えていなかったようですね。

2009年08月05日
高速鉄道(KTX)の不正乗車はあまりないので「顧客信頼」で自動改札を撤去ニダ!

2010年10月16日
「F-15K(スラム・イーグル)」の“共食い整備”が年々増加しているニダ!



1回やらせて! [DVD]
B00FKFU6T0