(デイリー·ジャーナル 韓国語 2015/07/28)

市民団体『活貧団』のホン・ジョンシク(洪貞植)代表が27日午後、公館の新築に伴い臨時移転したソウル市鍾路区中学洞の日本大使館が入居したツインツリータワーの前で、日帝治下強制労働中国人は捕虜として全員補償しながら、韓国人被害者は徴用として補償を無視する戦犯巨大企業の三菱糾弾デモを行った。 

引き続き、活貧団は、被害者子孫など遺族たちと在日同胞愛国青年たちと共に東京本社を奇襲進入し、血の海に焦土化させ、地球村の悪鬼企業として全世界に三菱製品不買国際キャンペーンを繰り広げると厳重警告した

活貧団は、パク・クネ(朴槿恵)大統領とユン・ビョンセ(尹炳世)外交部長官(外相)など外交および経済ラインの中心人物に、被害自国民に強盗の論理で一貫して民族差別を露骨にしている蛮行を傍観せず、タリオ(レクス・タリオニス)の同害報復思想を呼び覚まし、民族自尊守護次元であくどい三菱の韓国内での企業活動全面制動を強く要求した。(機械翻訳 若干修正)


「血の海にする」と公言した集まりにどんな在日の面々が集まるのか楽しみですね。

韓国産唐辛子粉  1kg
B00BDHHEP8