(聯合ニュース 韓国語 2015/07/24)

「韓国の力はこの程度しかないらしい。完全に無視された感じだね。」(ネイバーID“park****”)

「我が国も少し国力をさらに育てて、あえて無視されない国に生まれ変わらなければならない。」(ツイッター利用者“Yoonieal&ユニエル”)

日本の大企業『三菱マテリアル』が第2次世界大戦期に強制労働させられた中国労働者に謝罪しながら韓国は言及しなかったというニュースに24日、オンラインでは怒りの声とともに韓国政府に強力に対応してほしいという注文が出てきた

ネイバーID“mila****”は「苦しい歴史があって真正性が込められた謝罪をしても払い落とすことが難しいのに、力がある国にだけ頭を下げ謝罪をする」とし「決して近づこうとしても近づくことはできない国」と日本を批判した。

同じポータル利用者“sil2****”は「三菱の謝罪対象はアメリカ捕虜900人、中国人被害者3,765人だというが、韓国人被害者は10万人を越える」とし「何が奴の謝罪をこうするのか?日本のこのような謝罪はいったいどんな心でする行動であろうか?明らかなのは人類が考える謝罪の意味ではないことが確実だ」と批判した。
韓国政府に強力な対応を求める文も激しかった。

ツイッター利用者“DonnaDoEonLee”は「いったいこのような状況まで来るほかなかった理由は何であり、この状況で強制労働被害者の声は誰が出すのですか?私たちは日本に本当に強く出たことがあるのですか?」と反問した。

ネイバーID“taem****”は「辛い歴史の中で国を守った方々を今どのように対しているのか」とし「政府は今もその五島から抜け出してくることができない方々のためにも、本気で日本に対抗しなければならない」と主張した。

三菱製品不買運動もしなければならないのではないかと主張するヌリクン(ネットユーザー)も少なくなかった

「日帝強占期にあくどかった企業、それを基に設立された企業を我が国民が助けることはやめましょう」(ネイバーID“kih3****”)、

「今日から日本製品避けなければならない。韓国人が売って(略、訳不明)私は気分が悪くてならない"(ネイバーID“chic****”)のような反応を見せた。

三菱マテリアルは強制労働に動員された中国人労働者3,765人を対象に1人あたり10万元(1,870万ウォン)を補償することで中国側と合意することが分かった。(機械翻訳 若干修正)


で、韓国政府の反応は↓

(聯合ニュース 韓国語 2015/07/24)

外交部(省に相当)は24日、日本の『三菱マテリアル』(以下、三菱)の韓国人強制徴用被害者の無視論議に対し、「第2次世界大戦当時、強制動員されて労役を提供したすべての犠牲者の心の痛みを癒す措置がとられなければならないと考える」と明らかにした。

三菱が強制徴用に動員されたアメリカ軍捕虜に対して公式に謝罪をし、中国人被害者に対しては謝罪と補償まですることに合意したと伝えられながら、韓国人被害者に対してだけ無視しているという指摘に関して、私たちの政府の立場表明という点で注目される

「すべての犠牲者」という表現には当然のことながら韓国人被害者も含むことを意味する。

しかし、政府のこのような立場表明には相当な苦心の跡が窺える、特に水準も原則的で制限的に見える

政府当局者は外交部のこのような立場表明について、「韓国人被害者に対する謝罪を念頭に置いたものと見られる」とし「賠償・補償問題はまた別の次元」と述べた

政府が強制徴用問題について積極的な立場表明をできないのは、1965年の韓日請求権協定と関連の訴訟が現在進行しているためである。

政府は強制徴用請求権問題に関して1965年の韓日請求権協定で解決されたという趣旨の立場を堅持してきてが、2012年に個人請求権まで消滅したとは見なし難いという大法院(最高裁)の判決後は、具体的な立場表明を留保している

1940年代に日本の軍需企業に強制徴用された被害者は、後身である日本企業『新日鉄住金(旧新日本製鉄)と『三菱重工業』を相手に損害賠償を請求する訴訟を提起し、1・2審で敗訴したが、大法院はこれを覆して賠償趣旨で事件を破棄、差し戻した。

2013年、ソウル高等法院と釜山高等法院は、被告企業に慰謝料の支払いを命じたが、被告企業が不服手続きを踏んで現在、大法院で再上告審が進行中である

大法院再上告審で被害者に対する最終的な賠償判決が下され、政府が関連日本企業の国内資産に対する強制執行に出た場合、韓日間の全面的な外交葛藤に発展する可能性を排除することはできない

政府は強制徴用に関した賠償・補償問題については「関連訴訟が進行中」として、現在も具体的な言及を避けている。

外交部がこの日、三菱による韓国人強制徴用被害者の無視論議に関して「心の痛みを癒す措置」という多少曖昧な表現を使ったのも、このようなジレンマ的状況が反映されたものと見られる。(機械翻訳 若干修正)


韓国最高裁はいつまで待たせるんですか? 8月中に再上告から丸2年を迎えてしまいますね。

2015年07月13日