(聯合ニュース 韓国語 2015/05/29)

韓国EAI-日本『言論NPO』両国民対象の共同世論調査

韓国人の過半は日本を『軍国主義国』と、日本人の過半は韓国を『民族主義国』とそれぞれ認識しているものと世論調査の結果、明らかになった。

東アジア研究院(EAI)と日本市民団体『言論NPO』は29日、東京で記者会見を行い、4~5月に実施した韓日共同世論調査でこのような結果が出たと発表した。

相手国の社会・政治体制の性格について3択の調査で、韓国回答者の56.9%が日本に対して『軍国主義』を挙げ、34.3%は『覇権主義』を選んだ。『民主主義』という回答は22.2%にとどまった。

このような結果は、韓国メディアを通じて伝えられた日本安倍晋三政権の右傾化の歩みに対する韓国民の反感が投影されたものと分析される。

一方、韓国に対して日本回答者のうち55.7%が『民族主義』、38.6%が『国家主義』を挙げ、『民主主義』を選んだ人は14%に過ぎなかった。

150528_2_1

また、複数回答調査で韓国回答者の58.1%は日本を『軍事的脅威を感じる国』に挙げ、韓日間で軍事紛争の可能性があると回答した人も37.8%に達した。軍事紛争が起きる可能性が9.3%にとどまった日本側の調査結果に比べてはるかに高かった。

150528_8_1

相手国に対する印象で韓国回答者の72.5%、日本回答者52.4%がそれぞれ『悪い』と答えた。

日本に対して良い印象を持つ韓国人は15.7%、韓国に対して良い印象を持つ日本人は23.8%であった。

150528_1_1
150528_1_2
150528_1_3
150528_3_2

しかし、韓国人の87.4%、日本人の65.3%はそれぞれ日本、韓国が重要だと答えた。

150528_3_3

あわせて、首脳会談の必要性については、日本人の81.5%、韓国人の86.8%が『必要である』という側だった。

ただし、韓国人の69.9%、日本人の43.5%が『必要だが急ぐ必要はない』と答えた。

150528_4_1
150528_4_1_2

日本総理の靖国神社参拝については、韓国人の64.6%は『公私ともに参拝すべきではない』と回答した反面、日本人は70.4%が『構わない』または『私人としての参拝なら構わない』と回答して対照をなした。
150528_5_2

韓国側の世論調査は4月17日から5月8日まで全国の19歳以上の男女を対象に調査員による面接方式で実施された。

日本側の調査は4月9~30日、全国の18歳以上の男女(高校生除外)を対象に訪問した調査員が質問書を預けた後、後日回収する方式で行われた。(機械翻訳 若干修正)※グラフはすべて言論NPOの「第3回日韓共同世論調査 日韓世論比較分析結果」より


その他。こんな結果↓も
150528_3_4

150528_9_2


NoName_2015-5-28_22-14-3_No-00

ふしぎの国のバード 1巻
4047305138