昼間には神学生,夜には'人面獣心'連鎖性暴行
(ノーカットニュース 韓国語 2007/02/13)  

2月余りの間でソウルと坡州など首都圏一帯で12人の婦女子を性暴行して金品を盗んだ30代の神学生が警察に捕まった。

昼間には神学生として、夜には連鎖性犯罪者として二重生活をしてきたのだ。

警察に捕まったムン某(32)氏は、17才の時の1990年に特殊強姦嫌疑で15年の刑を宣告を受けて昨年8月出所した。出所後ムン氏は、自身の過去を隠して大型教会が運営する神学院に入学して教会信者らの間で『伝導師』に呼ばれていた

しかし、数ヶ月経たずに連鎖性暴行を繰り返したムン氏の二重生活はばれた。

ムン氏は昨年12月10日明け方、自身が勤務する教会で夜間勤務をした30代の女性を性暴行しようとしたが目的を果たすことが出来ずに逃走した。

被害者の申告でムン氏を追った警察は、結局、坡州市のある祈梼院に隠れていたムン氏を捕まえて常習性暴行と窃盗などの嫌疑で拘束した。

ムン氏は昨年10月12日午前1時頃、坡州市のある家庭に入ってA女性を性暴行するなど、昨年10月から12月まで全9回にわたって、10代から70代に至る12人の婦女子を連鎖性暴行した嫌疑を受けている。

ムン氏は、特に昨年11月中旬とその後の二度にわたり母娘だけで生活している家に侵入して、彼ら母娘を相次いで性暴行する人面獣心の行動をはばからなかった

ソウル,永登浦警察署のパク・ソンジュ刑事課長は「犯行対象女性らが10代から70代まで20回余り、20回余りは強姦と窃盗が一緒になっている。現在確認したところでは強姦が9件、窃盗が11件、強姦の12人はもっと増える要素がある」と明らかにした。

この事件に先立ちソウル,麻浦警察署は、昨年12月にソウルと仁川などで常習的に婦女子を性暴行した嫌疑で某神学大学院生ウ某(34)氏を拘束したことがある。(機械翻訳 若干修正)





エリートコース?



 

日中韓犯罪トライアングルの真相―日本列島を喰いモノにする、韓国人、中国人、そして日本人
別冊宝島編集部

日中韓犯罪トライアングルの真相―日本列島を喰いモノにする、韓国人、中国人、そして日本人
TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを! 「反日マスコミ」の真実 在日の地図 ~大韓棄民国物語 韓国が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録 マンガでわかる中国100の悪行
by G-Tools