「ミカン狩りの楽しさ、都会の人は知らないね」
(東亜日報 2007/01/19)


2007011920838.jpg

穏やかな天候だった18日、全羅南道康津郡(チョンラナムド・カンジングン)シンジョン面の干潟で、漁村の奥さんたちが今が旬のミカンを切り取っている





464361.jpg



『都会の人』どころか韓国人以外しらないとおもいます。

韓国はパラレルワールドにあるんですね。








【追記】
韓国版の元記事はこちら。


カキ取る喜び都会の人々は分かるだろうか
(東亜日報 韓国語 2007/01/19)
 
627.jpg 南海岸一帯が春の日のように暖かい天気をになった18日、干潟がきれいなことで名高い全羅康津郡薪田面で近隣に住む女性らが旬を迎えて味が上がったカキを慣れた手並みで取っている。







東亜日報の翻訳者はおかしいと思わなかったのでしょうかね。


コリアの不思議世界―朝鮮文化史27話
野崎 充彦

コリアの不思議世界―朝鮮文化史27話
韓国大統領列伝―権力者の栄華と転落 朝鮮半島の食と酒―儒教文化が育んだ民族の伝統 両班(ヤンバン)―李朝社会の特権階層 倭館―鎖国時代の日本人町 朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期
by G-Tools