生活苦を悲観してビニールハウス放火
(聯合ニュース 韓国語 2007/01/19)

 慶南,昌寧警察署は19日、生活苦を悲観してビニールハウスに火を付けた嫌疑(放火)で朴某(31.無職)氏を緊急逮捕した。

 警察によれば、朴氏は去る18日午前4時に昌寧郡,南旨邑の唐辛子栽培ビニールハウスと簡易倉庫・熱風機などに持っていたライターで火をつけて、970万ウォン(警察推測)相当の財産被害を出した嫌疑を受けている。

 警察の調査の結果、朴氏は定職に就くことが出来ないなど、生活苦を悲観して酒を飲んだ後腹立ちまぎれに火を付けたと発表された。警察は朴氏に対して拘束令状を申請する予定だ。(機械翻訳 若干修正)




唐辛子を無駄にするなんて、死刑確定ですね。






ワサビと唐辛子―受け身の日本人、攻めの韓国人 その強さと弱さワサビと唐辛子―受け身の日本人、攻めの韓国人 その強さと弱さ
呉 善花

新・スカートの風―日韓=合わせ鏡の世界 私はいかにして「日本信徒」となったか スカートの風―日本永住をめざす韓国の女たち 続 スカートの風―恨(ハン)を楽しむ人びと 「反日韓国」に未来はない

by G-Tools