商工会職員ら抵抗 総連関連施設捜索
(産経新聞 2007/01/11)

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の傘下団体「在日本朝鮮兵庫県商工会」(神戸市中央区)の職員が無資格で税務業務をしていた税理士法違反事件。昨年12月に続いて2度目となった10日朝からの商工会の捜索では県警の機動隊や警察官と同商工会職員らが激しくもみあい、周囲はものものしい雰囲気となった。混乱は捜索が終了した夜まで続いた。

 何してんねん」「また、でたらめの令状持ってきたんか

 午前8時50分、商工会が入る県朝鮮商工会館前に機動隊約60人と警察官約40人が集まると、商工会職員らが取り囲んで口々に叫んだ。

 機動隊ともみ合いになり、職員らは会館の捜索に抵抗して鍵を開けなかったが県警がピッキングで解錠。午前9時すぎ、段ボールを手にした捜査員が5階建ての会館になだれ込んだ。

 県警の捜索は延々続いた。会館前では、警戒する機動隊員らを取り囲んだ約100人の商工会職員らが拡声器で「人権侵害をやめろ」などと声を上げ続けた。

 また、断続的に職員らが機動隊の用意した鉄さくや盾を奪おうとつかみ合いになり、機動隊員が「公務執行妨害で検挙するぞ」と叫ぶなど1日中緊迫した空気が流れた

 県警の捜索は午後8時すぎに終了。押収物の入った80個以上の段ボール箱を運び出す捜査員に対し、取り囲んだ職員らから「大事な資料を返せ」「ドロボー」などと怒号が飛んだ

 騒ぎを見ていた買い物帰りの主婦(60)は「通りかかったら大きな声がして驚いた。事情はよく分からないが怖い」と不安そうに話していた。

sourennshoukou1.jpg

sourennshoukou2.jpg

sourennshoukou3.jpg

sourennshoukou4.jpg




↓の上の記事は今回のガサいれ先と同じ兵庫。下は薬事法違反の疑いでガサいれを受けた時の東京。

2006年12月08日
強制捜査の時、体を盾に組織を守ろうとする青年らは果敢だったニダ

2006年11月27日
朝鮮総連の『東京本部』に家宅捜査!「帰れ」「ここはおれたちの家だ」




ところで、東京本部のガサいれの時の映像と抗議文が『在日本朝鮮人総聯合会』公式HPのトップに貼ってあったのに、いつのまにか映像が無くなっていますね。

「叫ぶおばちゃん」や「警察と揉み合いになる青年」、「帰れコールの大合唱」など見ごたえのある映像なのにもったいないですね。


ただ、映像を見た時は「朝鮮総連のイメージダウンを狙ったの?」と思ってしまいましたが。















帝国のはざまで―朝鮮近代とナショナリズム
帝国のはざまで―朝鮮近代とナショナリズム アンドレ・シュミット 糟谷 憲一

名古屋大学出版会 2007-01-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見るby G-Tools