第2次大戦後を扱った日本の小説、米の推せん図書採択に韓人が反発
(中央日報 2007/01/11)


  ある日本人が書いた小説で米国内韓人の保護者らが声を上げている

  問題の小説は20年前、ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ氏が書いた『竹の森遠く(So far from the Bamboo Grove)』。日帝敗亡直後、韓国内の日本人たちの受難を書いた本だ。

  第2次大戦以前当時、韓国に住んでいた著者は、日本が戦争で負けて本国に帰るとき、自分が見たり経験したりした悲劇を土台に小説を書いたという。当時11歳だった彼女は韓国人たちによって日本人たちが無惨に殺害、レイプされる場面を目撃したと、小説にはこうした内容が書かれている

  問題はこの小説が数年前から米国の中学校の推せん図書60冊に入っているという点だ。この事実を知ったボストンやニューヨークなどに住む韓人の保護者らが教育当局に強く抗議を始めた。子供たちがこの本しか読まなかった場合、残酷な日本の植民地統治は全く知らず、韓国人に迫害された日本人たちの話だけを知ることになるという論理だ。

  誤った歴史認識を持ってしまう可能性のあるこの小説を、学校から退出させようという運動は昨年も起こった。ニューヨーク州にあるライカントリーデイスクールの場合は非常に成功的だった。昨年、この学校の6年生の韓人女子児童が問題の小説が英語の推せん図書に含まれた事実を知り、自ら授業をボイコットした。娘の授業の拒否理由を知った親は学校側に説明し、一理あると判断した学校側はこの本を推せん図書から除外した。

  ボストンでは韓人保護者たちの抗議が続くと地域教育委まで出た。マサチューセッツ州ドーバー・シェルボーン地域教育委員会は論議の末、2日、この本を推せん図書に含むかについて投票を実施した。投票の結果、推せん図書から外そうということになった。しかしこうした結果について英語教師らは「戦争の惨酷さをよく表した作品」として反発した。ここに他の人種の保護者たちが加勢し、投票はなかったことになってしまった。

  韓人たちが多く暮らすカリフォルニア州でもサンフランシスコ韓国教育院を中心に最近ボイコット運動が始まっている。教育院は現在、北部カリフォルニア州の学校を対象に実態の調査も並行して行っているということだ。



「あくまでもウリ達は被害者じゃなきゃいやニダ。日本人を襲ったのは日本に責任があるから仕方ないニダ!」ということですか?

第2次世界大戦当時、日本国民として戦場で活躍(?)していた朝鮮人の子孫なのに、ある時は“被害者”になってみたり、ある時は“戦勝者”になってみたりと忙しいヒトたちですね。

しかし、各地・各国で“加害者”になっていることも忘れちゃダメですよ。


12歳の日本人少女の目から見た戦争、韓国独立
 (朝鮮日報 2005/05/08)
 
著書名:『ヨウコ物語』(So Far from the Bamboo Grove)
著者名:ヨウコ・カワシマ(Yoko Kawashima Watkins)
翻訳者:ユン・ヒョンジュ
出版社:文学トンネ
頁数:296頁
価格:9500ウォン

 日帝当時、日本政府の高官だった父と一緒に咸鏡(ハムギョン)北道・羅南(ナナム)に住んでいた12歳の日本人少女が、韓国独立を前後し、家族と一緒に日本に帰る過程を描いた物語。

 実話をもとにしているが、韓国人なら決して心安らかではない一冊だ。主人公は語る。

 「お姉さんは怪我した軍人の体に触れるのが恐くない?」
 「恐くなんかないよ。みんな国のために戦った方々だから」

 ここでいう「軍人」は日本軍で、「国」は日本を指す。

 「朝鮮の人々が日本人を苦しめ始めてからは、夜もぐっすり眠れなかった」

 解放後、わずか数日のことで35年間の醜悪さを忘れるなんて、中国でこの小説が出版されなかった事情が見当がつく。
 
 しかし、少しの間、国籍さえ忘れれば、戦争がこの家族の人生をいかに困難に陥れるかを淡々と描写した成長小説として読むことができる

 著者は平和を強調する講演活動を行っている。
 

韓国ですら発売されているのに日本の出版社は何をしているの?


So Far from the Bamboo Grove So Far from the Bamboo Grove
Yoko Kawashima Watkins

My Brother, My Sister and I

by G-Tools