(済民日報 韓国語 2015/05/01)

タチウオ操業に出た済州漁船が日本海域で相次いで拿捕されている。

特に摘発された漁民が日本政府の強化された処罰により“罰金爆弾”にあっていて重量管理など注意が要求されている。

1日、済州漁業管理事務所によれば、EEZ法違反で日本政府に拿捕された我が国の漁船は△2010年13隻△2011年13隻△2012年9隻△2013年12隻△2014年11隻△2015年4月現在5隻の計63隻に至っている。

このうち、今年拿捕された5隻を含む済州船籍の漁船は計31隻で半数を占めているのが実情だ。

これはタチウオ漁場が済州島近海でなく日本EEZに形成されているうえ、我が国に割り当てられたタチウオ漁獲量の90%を済州漁民が受け持っており、操業中に制限条件違反などで日本政府に相次いで拿捕されているためだ

このような事情で摘発された済州漁民が“担保金爆弾”に苦しんでいる

日本政府が昨年12月から操業日誌不良記載による罰金を30万円から300万円(2,750万ウォン)と10倍に引き上げたことに伴い、今年、済州漁船が支払った担保金は1億4,500万ウォンに達している。

これに対し、一部の漁民は誤差範囲を許容する国内とは異なり、5㎏だけ超過しても摘発する日本政府に対する不満と魚種別に漁獲量を割り当てる韓日漁業交渉に対する不満の声が続いている

道内漁業関係者は「1回出るたびに30日から45日間操業するうえ、漁獲量も制限されており、漁民の立場ではただ1匹でも多く獲るしかない」として「担保金も問題だが、漁業停止など追加処分まで続けば、直ちに食べていく道が閉ざされてしまう」と吐露した。(機械翻訳 若干修正)


外国漁船の全拿捕件数の半数以上が韓国ですね。
※海保の26,27年度統計が見当たらなかったので正確な数ではないですが↓

2006-15daho

2015年04月27日
2015年03月10日

魚心あれば食べ心 旬の魚とうまい酒を楽しむ 春夏編
4862981542