(韓国日刊スポーツ 韓国語 2015/04/30)

大韓サッカー協会チョン・モンギュ(鄭夢奎)(53)会長が国際サッカー連盟(FIFA)執行委員(以下、理事)選挙で苦杯をなめた

チョン会長は30日(韓国時間)、バーレーンの首都マナマで開かれた第26回アジアサッカー連盟(AFC)総会でFIFA理事に挑戦したが失敗した。韓国は1994年にチョン・モンジュン(鄭夢準)大韓サッカー協会名誉会長がFIFA副会長に当選して16年間活動し、2010年(2011年?)に5選に失敗した後、4年ぶりにFIFA進出を狙ったが成功しなかった

AFCはこの日、次期会長とFIFA理事などを選出した。

AFC会長は予想通り、シェイク・サルマン・ビン・イブラヒム・アル・カリファ会長(バーレーン)が単独出馬して再任に成功した。

アジアに配分された理事は合計4枚。ひとまずAFC会長がFIFA副会長として当然職(人ではなく役職に付与される職)の1枚を持っていった。4年任期(2015~2019)2人と2年任期(2015~2017)1人の3枚の所有者を決める選挙は混戦の様相だった。

当初、チョン会長を含み田嶋幸三日本サッカー協会副会長、ウォラウィ・マクディ,タイサッカー協会長、クウェートのシェイク・アハマド・アル・ファハド・アル・サバーハ,アジアオリンピック評議会(OCA)会長、トゥンク・アブドゥル・アフメド・シャー,マレーシアサッカー協会長、サウド・アル・モハンナディ,カタールサッカー協会副会長、アッ=サイイド・ハーリド・ビン・ハマド・アル=ブーサイーディー,オマーンサッカー協会長の7人が飛び込んだ。

しかし、この日の選挙直前、サウド・アル・モハンナディ副会長(カタール)とビン・ハマド・アル=ブーサイーディー会長(オマーン)が出馬を取りやめた。

5人の候補は投票に先立ち4年と2年の任期を選んだ。2年任期には中東の絶対的支持を受けるシェイク・アハマド・アル・ファハド・アル・サバーハ会長(クウェート)が単独出馬して当選した。

チョン会長をはじめとする4人は4年を選んだ。投票の結果、田嶋幸三副会長が36票を得て理事に当選し、トゥンク・アブドゥル会長(マレーシア)が25票で過半を得て理事になった。チョン会長とウォラウィ会長(タイ)はそれぞれ13票を得るにとどまった。

201504302065463006341

全世界25人しかいないFIFA理事は、FIFAが主管する各種国際大会の開催地および運営方式、FIFA主要懸案に対する決定および投票権を持つ。強大なサッカー権力としてあげられる。

チョン会長は去る2013年に大韓サッカー協会長に当選した後、FIFA理事への進出を目標に掲げ、昨年からアジア各国のサッカー協会を歩き回って熱心に票田を築いてきたが、頭を下げた。(機械翻訳 若干修正)


(韓国日刊スポーツ 韓国語 2015/04/30)

大韓サッカー協会チョン・モンギュ(鄭夢奎)会長が国際サッカー連盟(FIFA)理事選挙で苦杯をなめた。彼は30日(韓国時間)、バーレーンの首都マナマで開かれた第26回アジアサッカー協会(AFC)総会で国際サッカー連盟(FIFA)理事に挑戦状を出したが落ちた。

チョン会長は任期4年の理事2人を選ぶ選挙で計4人の候補の中で共同最下位に終わって落選した。田嶋幸三日本サッカー協会長(35票)とトゥンク・アブドゥル,マレーシアサッカー協会長(25票)が46票の過半を得て当選した。

2年任期の理事には中東勢力の絶対的支持を受けるクウェートのシェイク・アハマド・アル・ファハド・アル・サバーハ,アジアオリンピック評議会(OCA)会長が単独出馬して当選した。

FIFA理事会の権限は強大である。FIFA主管大会の開催地と各種分科委員会が審議した事案に対する決定権を持つ。FIFA内の最高議決機構だ。FIFA会長と首席副会長を1人、副会長を7人と理事16人の合計25人で構成される。

韓国はチョン・モンジュン(鄭夢準)大韓サッカー協会名誉会長が1994年から2010年までの16年間理事であった

当時、チョン・モンジュン会長は韓国人では初めてFIFA理事に当選した。韓国サッカーは強力な外交力で2002年ワールドカップを共同開催するなど国際社会で声を出した。チョン・モンジュン会長が退いて、チョン・モンギュ会長が再び挑戦状を出したが、頭を下げ、FIFA中心部に進出しようとしていた韓国サッカーの努力も水泡に帰した。

韓国は2019年女子ワールドカップ誘致に挑戦し、先月、開催地選定でフランスに押された後、再び失敗を味わった。(機械翻訳 若干修正)


ただし、AFCの理事(任期4年)にはなったそうです・・・

くにおくんの超熱血! サッカーリーグぷらすワールド・ハイパー・カップ編
B000FNTM2Y