(ニュース1 韓国語 2014/10/06)

中原文化財研究所、鎭川石帳里製鉄炉をモデルに伝統操業方式
鉄物再現実験から研究拡大して文化財の補修などに活用する

medi23265646um
▲伝統製鉄炉復元のための予備実験の様子。(文化財庁提供)


断絶した伝統製鉄技術を甦らせるために古代の鉄生産過程を再現する復元実験が行われる。

文化財庁国立中原文化財研究所は7,8日の両日に、忠清北道忠州市の国立中原文化財研究所の製鉄炉復元実験場で古代の鉄生産復元実験を実施すると6日、明らかにした。

韓国鉄文化研究会など関連学会の専門家、製鉄匠人と一緒に行う今回の復元実験の操業方式は、可能な限り伝統的な方法で行われることになる

(株)大韓鉱物が支援して、江原道襄陽郡西面鉄山町で採掘された鉄鉱石を原料にし、土製送風管は遺物を複製して使う。また、鉄の生産に大きく影響を及ぼすふいごで風を送ることも匠人が手作業で行う。

中原文化財研究所は国内3大鉄山(鉱山)地であり、多数の製鉄遺跡が残っている中原地域を中心に伝統製鉄技術復元のための中長期学術研究を行っている。

製鉄遺跡の発掘調査と出土遺物に関する自然科学的な分析研究に続き、製鉄炉復元実験を今年から年次的に進める予定だ。

製錬炉と鍛冶炉、鎔解炉など製鉄遺跡は構造と操業の特性上、原型の確認が難しく、考古学的な発掘調査の成果だけでは伝統製鉄に関する情報把握に限界があるためだ。

研究所関係者は「伝統製鉄技術を復元し、伝統鉄物製作の基準を設けるためには体系的な実験、考古学的資料の蓄積と高度化された分析研究が要求される」と説明した。

中原文化財研究所はこれにより、中原地域の代表的製鉄遺跡である『鎭川石帳里遺跡』で確認された製鉄炉の中で形態が最も良好な『B-23号製鉄炉』をモデルに復元実験を推進する計画だ。

また、実験に使われる原料と燃料、炉築造材料、生成された鉄、流出滓(炉外へ流れ出た鉄材)について自然科学的分析を通じて、製鉄炉の環境変化による生成物の状態変化を精密に把握し、復元研究に活用することになる。

中原文化財研究所は今後、毎年操業環境の変数を変えて製鉄炉復元実験を推進する予定だ。

研究所関係者は「生成された鉄を利用した鉄物再現実験から研究を拡大し、断絶した我が国の優秀な伝統製造技術を文化財の補修などに活用することができるように、関連分野とに融合・複合共同研究を拡大する計画だ」と話した。(機械翻訳 若干修正)


>製鉄炉復元実験を今年から年次的に進める予定だ。

数か月前までは「伝統製法技術」が“有る”と思っていたのにね。


伝統技術の饗宴..崇礼門復元現場
(聯合ニュース 韓国語 2011/02/10

しきりに風を吹き込むふいごで風を送りながらうす赤く熱くなった鉄器を匠人が槌でたたく。崇礼門復元現場に設けられた『崇礼門鍛冶場』で、実際に門楼の復元に使用される釘をはじめとする鉄器資材を作り出す様子だ。

雇用労働部(省に相当)指定国家固有技能(古代製鉄分野)の伝承者であるイ・ウンチョル氏は、崇礼門火災3周年を迎えて10日にメディアに公開された崇礼門復元現場で鉄器を製作する工程を次の通り説明した。(略)(機械翻訳 若干修正)

PYH2011021005850001300_P2

PYH2011021004280001300_P2

 "崇礼門の鍛冶屋も偽"…論議
(TV朝鮮 韓国語 2014/02/05

[アンカー]
復元された崇礼門の大工に続き、鍛冶屋も偽物でした。文化財庁は崇礼門の復旧過程で鍛冶場を作って鉄物製作の実演までしたが、実際には釘一つ作れなかったといいます

キム・ジョンジェ記者です。

[リポート]
「匠人Aが製錬炉に火を込めるふりだけして実際に行った仕事はない」
「Aが生産した鉄が割れて作業をできないという反応だ」


本『崇礼門を建てる』の一部分です。

文化財庁政策局長であるチェ・ジョンドク氏が崇礼門復旧団長として務めながら経験した内容を含んでいます

チェ局長は本を通じて崇礼門の復旧に使われた鉄物は慶会楼(景福宮の中にある楼閣)を修理して残った伝統鉄であり、足りなかった鉄物は現代の製品に置き換えたと記述しました。

崇礼門に使われる釘と鎹など古代製鉄分野を担当した匠人はイ・ウンチョル氏。イ氏は数回メディアを通じて崇礼門の鍛冶場で使用される鉄を熱して叩き、鉄物製作場面を公開したが、結局“見せる式パフォーマンス”になりました。

文化財庁はイ・ウンチョル氏の伝統技法の能力が足りないと判断して諮問会議を開き、伝統技法ではないという結論を出して伝統鉄物の製作を中断しました

これに対し製鉄匠人イ・ウンチョル氏は伝統技術がなかったのではなく、伝統技法の作業速度が遅かったのだと反論しました。

[録音]
イ・ウンチョル/古代製鉄匠人「甚だしい誤りですね。甚だしい誤りで、これは個人的に見たとき大きい名誉毀損で、私は非常に悔しい」

一方、本が紹介されて2日ぶりの本日、文化財庁は「チェ局長が職位解除された」と明らかにしました。

TV朝鮮キム・ジョンジェでした。(機械翻訳 若干修正)


↑がきっかけで“無い”ということが分かったんですね。

明確な製造方法がわからず、まだ復元できていない状況で“優秀な”伝統製造方法とか言いきっちゃているのが韓国らしいですね。

美鋼変幻―「たたら製鉄」と日本人
4526066575