(世界日報 韓国語 2014/03/24)

[種子強国を実現する人々] ①‘イチゴ博士’キム・テイル試験場長

農業が未来産業に浮上しながら銃声なき種子戦争が繰り広げられている。各国は植物など生物の遺伝質を改善して利用価値がより高い新しい品種を育成する‘育種’に積極的に乗り出している。農作業が生命を育てて富を創り出すものと認識され、国内でも特化した種子を開発する専門家たちが増加している。育種家と呼ばれるこれら専門家に品種毎に会う企画連載を用意する。

20140323002581_0

「イチゴ種子『ソルヒャン(雪香)』が開発されなかったら、農民は毎年数十億ウォンのロイヤリティーで、消費者は高いイチゴ価格の負担で、国内のイチゴ栽培は壊れたでしょう。」

国産品種開発で農民と国内イチゴ農業を救ったキム・テイル(55)忠南農業技術院論山イチゴ試験場長は、農民の間でイチゴ英雄と呼ばれる育種の大家だ。20年間公務員として働きながら世界的水準の国産イチゴを開発し、外国品種に依存していた国内イチゴ産業に革命を起こした。国家的な富の創出はおまけだった。

農学博士である彼は、1994年に論山イチゴ試験場開庁メンバーとして公務員生活を始めるやいなや直ちに品種開発に乗り出した。種子ロイヤリティーの支払いをめぐる戦争が予告された状況で、自生イチゴ種がなくて日本品種を無断で栽培していた国内農業の現場では国産化が至急だった

新品種開発に着手して7年後の2002年の『メヒャン(苺香)』品種を始め、今まで『マンヒャン(晩香)』、『ソルヒャン(雪香)』、『グムヒャン(錦香)』の4種を開発した。

特に2005年に開発したソルヒャンは、国内イチゴ栽培で占有率70%以上を占めていた日本とのロイヤリティーをめぐるイチゴ戦争で韓国を勝利に導いた品種だ

ここには数えきれないほど度重なる試行錯誤にも屈しなかった彼の強い意志、汗と涙があった。新品種開発のための種苗を育て始めながら大田の住居を試験場近くの論山に移して研究に没頭した。「撒いた種は芽が出たのだろうか、移植した種苗は夜中花を咲かせたのだろうか、実はどうなったのだろうか。」気がかりなことと期待に目を開けば直ちに畑に走っていって夜遅くまで温室でイチゴと取り組んだ。

育種業務は運良く短い期間で成果を出す場合もあるが、ほとんどは7~8年、長ければ10~20年はかかる。成果を掲げるほどの品種を作り出すことができなければ業務実績が全くないという評価を受けることになる。長い間心血を注いだ努力にも育種に失敗すればその間の研究過程は廃棄される。キム試験場長も新品種開発に取り組んだが7年近く成果を出すことができなかった。

その上、2002年に日本が国際植物新品種保護同盟(UPOV)にイチゴの品種保護を申請し、国内イチゴ栽培農家にロイヤリティーを要求する攻勢を始めた。代案がなければ数年内に仕方なく年間30億~60億ウォンのロイヤリティーを支払わなければならない危機であった

至難の努力はメヒャンとソルヒャンの開発で現れた。ソルヒャンは開発当時には期待を受けられず、ややもすると消える運命に置かれていた。品種開発を終え、農家の実証試験をしたが「果物がとても脆い」と農家が好まなかった。幸いなことにイチゴ栽培技術が良いある農家が病気に強くて収穫量が多い『論山3号(ソルヒャンの試験当時の名前)』を継続栽培し、水と栄養素を過多供給しなければ既存の品種より栽培が容易で収穫量がより多いという事実が確認された。ソルヒャンは2013年基準で全国イチゴ栽培面積の75.4%を占めるイチゴ農家の孝行息子品種になった。

2005年、我が国のイチゴ栽培は日本品種が85.9%を占めていたが、ソルヒャンが毎年10%ほどずつ栽培率を増やして日本品種を押し出した。キム試験場長が開発したソルヒャンを個人の権利で品種保護対象作物に指定したとすれば、500億ウォン以上のロイヤリティーを受け取ったというのが関連業界の分析だ。

20140323002582_0

メヒャンは栽培が難しく、栽培面積を大きく増やしてはいないが慶南晋州特化団地で着実に生産されており、毎年2000万ドルずつ香港・シンガポールの高級市場に輸出されている。

キム試験場長は大韓民国農業科学技術大賞(勤政褒章)をはじめ、大統領賞と国務総理賞などを受賞し、イチゴ農業の歴史を新たに記した生きた伝説になっている。彼は研究・開発を継続するという覚悟を重ねて固めた。
「新品種開発を始めて20年が流れましたね。まだソルヒャンを凌駕する品種はないがソルヒャンが日本の種子との戦いで勝ったように最高の種子開発を持続します。」(機械翻訳 若干修正)



(園芸学研究 2008 Vol.7)

韓国も2002年に植物新品種保護国際同盟(UPOV)に加入し植物の品種保護を進めている.しかし,韓国で生産されるイチゴの多くが‘レッドパール’,‘章姫’といった日本品種であり,ロイヤリティーの支払いが大きな負担となる.そのため,イチゴは未だに保護の対象植物に指定されていない(Ministry of Agriculture and Forestry Republic of Korea, 2005).

一方,日本の韓国産イチゴ輸入量は2001年のピーク時には1400 t 余りあったものの,ロイヤリティー問題の抜本的な対策を求める日本政府の強い姿勢もあり,2006年にはその 12%程度にまで落ち込んでいる(財務省,2007).

こうした中,韓国政府も先延ばしにしてきたイチゴの保護作物への指定を2008年に行うべく,国産新品種の育成を強く推し進めてきた.その結果誕生し,普及が図られているのが‘Mae-hyang(苺香)’,‘Seol-hyang(雪香)’および‘Keum-hyang(錦香)’の 3品種である.

これら3品種は忠清南道論山市にある忠南農業技術院論山イチゴ試験場において

‘Mae-hyang’は‘栃の峰’ב章姫’,

‘Seol-hyang’は‘章姫’בレッドパール’

そして‘Keum-hyang’は‘章姫’בとちおとめ’の交配によって育成されたものである


近年,韓国でのイチゴ研究はこれらを中心に行われており,生産量も増加していることから,今後これらの品種が韓国の主力品種になることが予想される(Ministry of Agriculture and Forestry Republic of Korea, 2005).(略)



>2002年に日本が国際植物新品種保護同盟(UPOV)にイチゴの品種保護を申請し、国内イチゴ栽培農家にロイヤリティーを要求する攻勢を始めた。

嘘です。正解は

「2002年に韓国が国際植物新品種保護同盟(UPOV)に加盟し、ユポフ条約を批准した。イチゴなどは保護品目の指定を先延ばしし2004年からロイヤリティーを払うことにしたが、さらに2年延期して2006年からにしたが、さらに延期して2009年からにしたが、さらに延期し『猶予期間は批准後最大10年』の規定により2012年よりロイヤリティーを払わなければならなくなった」


博多あまおう1箱【4パック入り】【福岡県産】【規格外品>不揃い変形等】
B00B6OXLBY

苺あいす(30粒入)
B0054NENKG

2006年03月09日
国産のイチゴを開発したから日本にはこれからもロイヤリティーを払わないで済むニダ!
2006年05月17日
いちご栽培のロイヤルティー交渉が決裂したニダ!
2007年03月06日
絶対に日本にはイチゴのロイヤリティーを払いたくないニダ!
2009年10月20日
日本品種よりおいしくて丈夫な国産イチゴ品種の栽培シェアが5割を超えたニダ!
2009年12月18日
7年前までほぼ100%日本品種だったイチゴを2~3年以内に全て国産化するニダ!
2011年02月23日
日本品種のイチゴがいまだ37%もあるニダ!
2013年06月12日